災害モード

緊急対応

DMAT派遣対応

(災害時情報提供ページ)

● DMAT事務局より派遣されたDMAT各隊の診療情報管理方針

○ 記録様式は災害診療記録2018を利用(目的)継続診療の実現

○ スマホアプリを利用してJ-SPEED診療日報を実施(目的)診療活動の可視化による本部指揮支援

*J-SPEED追加症候群の情報

58 咳嗽

59 鼻汁

60 息切れ・呼吸苦

また発熱(16)は37.5℃以上として報告してください。

*アプリの起動に必要なライセンスナンバーはDMAT事務局から派遣各隊に配布されます。


まず、すること

医療救護活動に向けて、

*【本部】本部長は、災害診療記録/J-SPEEDの担当者を選任して、オフサイト解析支援チームとの連携体制の構築を指示する。

*【チーム】災害診療記録/J-SPEED様式を印刷持参し、J-SPEED診療日報(アプリによる電子報告を推奨)を徹底する。

標準様式

被災傷病者への継続診療を実現するために、標準様式である災害診療記録/J-SPEEDを利用する。

  1. 災害診療記録2018(一般診療版)
  2. J-SPEED2018(一般診療版)
  3. 災害診療記録2018(精神保健医療版)*精神保健医療支援でDPAT等が利用
  4. J-SPEED2018(精神保健医療版)*精神保健医療支援でDPAT等が利用
  5. 災害診療記録2018(外傷版)*重症外傷診療(黄タグ以上)で利用

*利用方法(E-ラーニング:災害時版 5分

*教育資料(PowerPoint等


活用のポイント

災害診療記録

⓪目的は継続診療の実現

①様式は各チームが派遣元から印刷持参

②主な利用場所は避難所・救護所・電子カルテ利用不可となった医療機関

③夜間の保管運用方法は本部指示に従う

本部に持ち替える運用が主流


J-SPEED診療日報

⓪目的はデータに基づく医療調整の実現

①医師が災害診療記録に☑

②ロジがJ-SPEED診療日報に転記・集計(スマホアプリの利用推奨(遠隔報告・即時集計))

③診療日報として最寄り本部に報告(アプリ報告した場合は紙様式の提出不要)

④追加症候群は本部 による項目指定・指示に従い集計(例:58番⇒熱中症)

⑤同一患者が再診した場合は新規に集計

      • 必要とされた医療資源(活動)の総量をカウント

⑥2つの避難所を巡回診療⇒J-SPEED診療日報は2枚提出(地点ごと集計)

      • 2つのチームがひとつの避難所で活動⇒各チームそれぞれ提出 (本部・システム側で合算)


DMAT派遣による新型肺炎対応に係り、スマホアプリの利用に必要なライセンスNo.の緊急発行を決定しました。入手方法については、DMAT事務局から配布される操作手順書を参照してください。


(災害発生時にスマホアプリの利用に必要なライセンスNO.を緊急発行することが決定した場合は、本ページで入手方法を告知します)

スマホアプリ

J-SPEED遠隔報告・即時集計を実現するスマホアプリがリリースされています。

J-SPEEDアプリには、GPS情報付きのクロノロ作成機能があります。登録されたデータは本部とのリアルタイム共有が可能です。同機能はEMIS活動状況入力の代わりになるものではありませんので、EMIS入力は必ず実施してください。



J-SPEED+スマートフォンアプリ で診療日報を報告する

対象:災害医療チーム

  1. 実災害用のライセンスNoを取得する
  2. J-SPEEDアプリを取得する
  3. 取得したライセンスNoでJ-SPEEDアプリを起動する →操作手順書操作説明動画



J-SPEED+ウェブサイト(本部用)で診療概況を把握する

対象:本部スタッフ

  1. 本部アカウント(災害用)を取得する(*保健医療調整本部等本部スタッフは、オフサイト解析支援チームにメールで請求)
  2. J-SPEED+ウェブサイト(災害用・公式)よりログインし、診療概況を把握する→ 操作手順書



お問い合わせ

J-SPEEDオフサイト解析支援チーム

メールアドレス:support【アットマークに置き換えてください】 j-speed.org

運用などJ-SPEED全般に関する問い合わせ

電話(全般): 080-7014-1029

J-SPEED+アプリ/ web 版の操作等に関する問い合わせ

TECS 東芝エレクトロニックシステムズ(株)

電話(アプリ): 090-1209-8409


J-SPEEDオフサイト解析支援チーム

被災地外(オフサイト)から本部でのJ-SPEED集計・解析等を支援します。

記載済みJ-SPEED日報を以下にFAX/メール等で送信いただければ電子集計を支援します。

本チームを利用することで、保健医療調整本部等は被災地全域のJ-SPEEDデータの集計結果を迅速に得て、データに基づく支援調整を行うことができます。


【依頼手順】

1. 本部長は、本部内での災害診療記録/J-SPEED担当者を選任する。

2. 本部は、災害医療チームにJ-SPEED様式での診療日報を指示する。

3. 担当者は、災害医療チームから記載済みJ-SPEED診療日報を収集する。

4. 担当者は、依頼様式(J-SPEED送信票)記載し、J-SPEED診療日報とともに以下に送信する。

FAX番号: 020-4622-0929

メール: data【アットマークに置き換えてください】j-speed.org

5. 担当者は、集計結果をJ-SPEED+ウェブサイト(災害用) で閲覧・入手する。

6. 担当者は、不明点があれば随時オフサイト解析支援チーム事務局に技術支援を求める。


【連絡先】


電子メール: support【アットマークに置き換えてください】j-speed.org

電話(全般): 080-7014-1029

電話(アプリ操作等) 090-1209-8409

データ提出 :専用FAX番号: 020-4622ー0929 / メール: data【アットマークに置き換えてください】j-speed.org

依頼様式:J-SPEED送信票

住所: 〒734-0037 広島市南区霞1-2-3 広島大学 公衆衛生学内




介護保険施設等の被災状況報告様式

介護保険施設等が被災状況を効率的に報告するためのFAX様式(厚労科学研究成果)を公開しています。


お問い合わせ

J-SPEEDオフサイト解析支援チーム事務局

電話(全般):080-7014-1029

電話(アプリ操作等): 090-6032-7654

メール:support【アットマークに置き換えてください】j-speed.org